ラーニングネットワークは、アメリカ幼児教育界と強いネットワークを持つ幼児教育専門のコンサルティング会社です。

  • 0120-26-3036受付時間:月~金 10:00~17:00

ニュース News

  • Home
  • セミナー(講習)

Seminar
セミナー(講習)

  • [オンライン説明会]
    新たな顧客価値を創造するグローバル学童モデルのご提案
    (アフターコロナに向けての戦略の構築)

    今回の「新たな顧客価値を創造するグローバル学童モデルのご提案」は、コロナによってもたらされた社会変容を検証するとともにアフターコロナに訪れる社会を想定し、学習という付加価値に利便性を加え、新たな顧客価値を創造することで減少する客数を客単価で補う、コロナ後の社会(アフターコロナ)を想定したビジネスモデルへの転換を試みるご提案です。


    ● 内容

    ① コロナがもたらす社会変容(パラダイムシフト)
    ② 新たな価値を創造するグローバル学童モデルへの転換(文系×理系のグローバル教育)
    ③ グローバル基準の英語総合学習「アフタースクールラーニング」(英語+グローバル力を伸ばす放課後プログラム)
    ④ 経団連が提言するオンライン×対面式のハイブリッドな教育(探究型学習によるアクティブ・ラーニング)
    ⑤ 教室と家庭をつなぐ「オンライン・アフタースクールラーニング」(低年齢に特化した探求型・体験型オンライン学習)
    https://www.afterschool-learning.com/


    コロナ対策とともに私たちが抱える社会課題は少子化問題です。教育事業における少子化対策は、①顧客継続率を伸ばす、②客単価を上げることで解決可能です。説明会では、新プログラムを導入するにあたってのロジックについてもお伝えいたします。

    新年度に向け、防御から攻撃に転じる際の一手としてご検討いただければ幸いです。

  • [オンラインセミナー]
    差別化された学童モデルへの転換(コロナ時代を生き抜くための戦略①)

    今回の「差別化された学童モデルへの転換(コロナ時代を生き抜くための戦略)」は、付加価値から利便性への転換を図り、利便性に付加価値を加えることで減少する客数を客単価で補うコロナ時代(ウィズ・コロナ)に適応したビジネスモデルへの転換を試みるご提案です。
    10月以降に防御から攻撃に転じる際の一手としてご検討いただければ幸いです。

    日時
    ①10月8日(木) 13:00~14:30(時間は目安です)
    ②10月9日(金) 13:00~14:30(時間は目安です)
    講師
    ラーニングネットワーク 代表取締役
    加藤 太郎
    参加費
    無料
    締切
    2020年10月7日(水)
    申込
    下記お問い合わせフォームまたはメールでのお申込を受け付けております。
    お申込後に、セミナーの詳細情報をメールにてご案内差し上げます。
    (ZOOMを使用したオンラインセミナーとなります)
    https://www.learningnetwork.co.jp/contact(お問い合わせフォーム)
    info@learningnetwork.jp(メール)
    内容
    ①新型コロナウイルスがもたらすパラダイムシフト(規範の転換)
    ②新たな価値を創造するグローバル学童モデルへの転換
    (AL+STEM=文系×理系のグローバル教育)
    ③グローバル基準の英語総合学習「アフタースクールラーニング」
    https://www.afterschool-learning.com/

    コロナ対策とともに私たちが抱える社会課題は少子化問題です。
    その課題克服のためには、①顧客継続率を伸ばす、②客単価を上げることが求められます。

    セミナーでは、新たなプログラムを導入するにあたってのロジックについてもお伝えいたします。
    少子化時代の新たなサービスの一つとして、ご一考いただければ幸いです。